株の専門家に億万長者がいないのは何故ですか?

株初心者の入門編

Google

株の専門家に億万長者がいないのは何故でしょう。専門家でも読みにくい市場になっているのです。

株の専門家に億万長者がいないのは何故ですか?

株の初心者なら、専門家のコメントや書物に頼るのは当たり前。

しかし書物や作家、専門家は無責任であり予測の範囲を出ません。

初心者らしく基本を勉強しましょう。

◎思った通りに動くほど単純ではない市場。

株の専門家に億万長者がいないというのはその通り。

株取引は専門家であっても上手くいかないということを証明しくれています。

株価は頭で考えるように都合良く変化してくれません。

ある意味で、それをたまに的中させるのが株の醍醐味でもあります。

3割バッターなら大儲けできているでしょう。

2割バッターでも、日頃の投資スタイルによっては大儲けできます。

つまり個人投資家のうち8割は、上手くいっていないか赤字と黒字のボーダーラインを行ったり来たりしているということです。

◎株式市場の読みが格段にむずかしい時代。

株式市場の読みは昔とくらべて格段にむずかしくなっています。

理由の1つには市場のグローバル化で、世界の奥地で起こった出来事が伝染して大きな波になって襲ってくる時代にあることです。

資金の提供先は、いまやアフリカ、中南米などの資源国にも向かっています。

次には機関投資家が増えて、大量のマネーが一度に予兆もなく動くことです。

この2つが同時に起これば、株のベテランでもなすすべがありません。

◎株の専門家のコメントや専門書を参考にするのはいいですが、初心者がそれを真に受けて行動してはいけません。

「株で儲かる方法」とか、「絶対損しない株取引」などといった書物は、タイトルだけでウソだとわかります。

株の初心者であっても、その程度の良識はもってください。

儲かるなら誰もがその通りにやって、億万長者が何万人も出現しているはずです。

記事RANKING

MENU